御輿来海岸
ホーム > 御輿来海岸

熊本県宇土市下網田町

御輿来海岸(おこしきかいがん)は、宇土半島北岸に位置し、名の由来はその昔、景行天皇が九州遠征の際、美しい海岸線が天皇の目に留まり、しばし御輿を駐め見入られたという伝説からその名がついたとされ「日本の渚百選」・「日本の夕日百選」に選定される景勝地です。

晴天時には有明海を挟んだ対岸の長崎県雲仙普賢岳が望めます。また有明海は干満の差が日本一で、潮が引いた当海岸の砂地には風と波による美しい曲線美の砂紋(砂干潟)が現れます。女性的で神秘的な優しい表情を魅せる海岸です。(ゆるーっと ぶらーっと 宇土物語より

夕陽が沈むのを写真におさめました。ただただ美しい。自然に感謝でした。