幣立神宮
ホーム > 幣立神宮

熊本県上益城郡山都町大野

国始めの高天原神話発祥の神宮といわれ、天孫降臨物語はこの神宮から発しているといわれています。そして社宝に五色神面があります。この五色は様々な人種の肌色と関係しているそうです。幣立神宮は九州のへそと呼ばれる場所にあり、参拝される方も多く、特別な神社のようです。また日本の中央構造線の上に存在し、阿蘇火山帯のパワーと相まって0磁場の聖地ともされています。私も時々、訪れますが、なぜか好きな神社ではありませんでした。龍やナマズが封印されていると何かの記事で目にしたせいかもしれません。今回は、八大龍王が眠る水神様へ行くことと、0磁場というものに興味を惹かれ訪れました。写真には速すぎて撮影することは出来までんでしたが、大きなオニヤンマが龍神様がいらっしゃる池の周りを何度も何度も行き来していました。まるで龍神様のようでした。また大きな黒アゲハにも出逢いました。