左目の結膜下出血が教えてくれるメッセージ
ホーム > 左目の結膜下出血が教えてくれるメッセージ

左目の結膜下出血が教えてくれるメッセージ

2018年10月11日(木)10:53 PM

熊本市レイキ伝授・風水・アロマトリートメント・レインドロップサロン「アンジェリカ グレース」ナースヒーラーの太田ひろみです。
 
先日、クリスタル瞑想会に参加してくださった文子さんと西里へ行きました
 
西里の荒神さまへご挨拶をして


 

 
荒神さまへ参拝のあと、お隣にある亭の元さんでランチ
 
お野菜いっぱいのだご汁定食をいただきました


  
亭の元さんには何匹か猫ちゃんがいるのですが、初めて逢う猫ちゃん


  
この猫ちゃん、左目を痛めていました。


 
実は私も左目が結膜下出血を起こしていて、猫ちゃんに逢って、癒さないといけないことがあると思いました
 
おのころ心平さん著の「感情にとらわれると病気になる」によると
 
理解されない悔しは目に表れる
 
軽く見られたくない、軽く扱われたくないという姿勢でがんばり、人一倍気をつかい、人一倍働いてきた。
 
でも、、ふと気づくとなんだか、自分ばかり損している気がする。
 
できあがってしまった周囲の自分へのイメージと、弱い自分のはざまで思い悩む・・・・・そのココロが目にでるのです。
 
思い当たる言葉でした。
 
左は女性性を表します


  
自己犠牲を癒し、自分を愛し、大切にすることを促し、女性性を癒すゼラニウムでセルフケアをして、結膜下出血もおさまりました
 
ご案内になりますが、10月13日に西里の荒神さま、亭の元さんの近くにあるフードパルでヒーリングアート展感謝祭が開催されます
 
私もイベントに出店します
 
アロマとクリスタルで女性性と男性性を癒し、女神性を呼び覚ましていきます
 
ぜひ、遊びにいらしてくださいね
 
最後までお読みいただきありがとうございました



«   |   »